ボーナスで節税

ボーナスで節税

会社の中には、従業員に対して、ボーナスを支払うこともあるかもしれません。このボーナスですが、会計上は損金として処理をすることができます。ボーナスは全額を損金することができるとなっています。

 

 

 

基本的に期末までに従業員にボーナスの支払いをしていれば、問題なく損金として、処理をすることができます。しかしボーナスの支払いが、期末以降の場合には、いくつかの条件をクリアしていないといけません。

 

 

 

まずはあらかじめ従業員に対し、ボーナスを支払うことを伝えていないといけません。そして、期末の翌日から1月以内にボーナスの支払いをしないといけません。以上の条件を満たしていれば、該当する事業年度にボーナスを損金処理することができます。

 

 

 

ボーナスが節税に使えることは、理解しておいても損はないでしょう。またボーナスを支払うことで、従業員のモチベーションも向上するのではないでしょうか?ということは、業績アップにつなげることもできるかもしれません。