出張で節税

出張で節税

仕事によっては、自分もしくは従業員が、どこかに出張をすることになるかもしれません。出張をするときには、移動費や宿泊費といった経費をねん出する必要があります。出張旅費については、法人税法上は、損金として処理をすることができます。

 

心斎橋 ホテル 宿泊

 

またもし会社の出張で、旅費を受け取った場合には、これは所得には当たりません。ですから、所得税が付加されることもありません。

 

 

 

ただし、出張旅費という形でつけておけば、何でもかんでも損金にしていいわけではありません。社会通念からみて、あまりに旅費が高すぎるという場合には、損金処理が認められない場合もあります。注意しましょう。

 

 

 

もし適性の範囲内で、出張旅費を損金処理したいのであれば、役職ごとに、適正な旅費の基準を作っておいたほうがいいでしょう。でないと損金として認められないばかりか、個人で受け取ると、所得税の対象になってしまう可能性もあります。注意をして、処理するように心がけましょう。