交際費に注意

交際費に注意

会社がビジネスをしていくためには、人とのつながりが重要になります。そこで、多少の交際費をねん出する必要が生じる可能性もあります。ただしこの交通費ですが、実際に計上をする前に、慎重に取り扱うことをお勧めします。

 

 

 

というのも、交際費として、経理で計上をしてしまうと、課税の対象になってしまいます。もしかすると、ほかの科目につけることができる場合もあり、ほかの科目にもっていけば、節税をすることができる場合もあります。ですから、非常にもったいないことにもなりかねません。ほかに付け替えることができないかどうか、確認をしてみましょう。

 

 

 

たとえば、忘年会ですが、もし交際費として計上をすれば、課税の対象になってしまいます。しかし福利厚生費として計上をすれば、節税効果を得ることができるかもしれません。

 

 

 

ただし、全員参加をしている、また一人あたりの参加費について、適正の範囲内であることの2つの項目を満たしていないといけません。