節税

連結納税制度を利用する

従来、日本の法人税は企業ごとに課税所得を算出していましたが、2002年から連結納税制度が認められるようになりました。連結納税制度とは、親会社と子会社を1つのグループ企業とみなして所得を合算し、それをもとに法人税を計算する方法です。

 

 

 

連結納税制度の適用要件はいくつかありますが主なものは「 連結納税の対象となる子会社は、原則として親会社の100%子会社である」、「連結納税制度の適用開始事業年度の6ヶ月前までに申請する」の2点です。

 

 

 

連結納税制度を導入すると、グループ内の黒字企業の利益から赤字企業の損失を差し引いて課税所得を計算できるため、税負担を圧縮できるという利点があります。申告・納税は親会社が行うことになります。