節税

期末の節税

決算間際にかなり利益が出ている場合、次のような方法で節税することができます。

 

 

 

期末に保険に加入し、保険料を年間一括支払で契約することにより節税の効果があります。これは税法での「短期前払費用」という特例を利用したものです。

 

 

 

消耗品や備品などを前倒しして期末に購入すれば、決算間際の節税対策になります。このとき注意しなければならないのは、備品等を購入する場合、購入しただけでは損金にならず、期中に使用することが用件となっています。

 

 

 

切手や印紙は本来は使用するたびに経費に計上するのが正しいのですが、それには手間がかかるので、継続使用を前提として購入時にまとめて損金算入することが認められています。

 

渋谷 税理士事務所なら

 

賞与を支給する時期は期末近くにするのが効果的です。期末が近くなると、会社の決算の予測がある程度できているので、賞与額によって税金対策することができるためです。