節税

在庫を処分する

廃棄商品は決算内に廃棄することが重要です。廃棄するためにはそれなりのコストがかかりますが、もし廃棄せずに在庫として持っていた場合は、その分会社の利益増加し税金が多くかかってしまいます。

 

 

 

そこで、売れ残った商品は値引き販売商品として処分し、それでも残ってしまったものは不良在庫として破棄します。商品を廃棄したときは、廃棄をしたという証明(廃棄業者の領収書や廃棄証明書など)客観的な資料の入手が必要です。

 

 

 

棚卸資産の評価方法には、原価法と低価法があります。原価法は棚卸資産額を購入原価で評価する方法、低価法は購入原価と時価のいずれか低いほうの価格で評価する方法です。

 

 

 

棚卸資産は大きいほど会社の利益とみなされるので、低価法を採用して価格を低く評価するようにすれば、節税につながります。