節税

社員教育で節税

人材育成に積極的に取り組む企業に対しては、税金が優遇される制度があります。教育研修などへ社員を参加させて、その参加費用を会社の経費にすることができるのです。教育研修費は、金額が高額であっても全額を経費として損金にすることができます。

 

 

 

教育研修費として認められる条件は以下のとおりとなっています。

 

・すべての社員が受講できる機会を均等に与えること(ただし社員の会社内の役割によって、受講させる内容や受講できる回数などを区別することは可能です)

 

 

 

・受講後にはその研修内容について報告書を提出させること

 

 

 

研修費用はその決算期で研修が終了していなければ費用は計上できないので、期末間際の支出は注意が必要です。

 

 

 

税金の面だけでなく、社員が教育研修を受けることによって、社員のスキルも上がり業績の向上にもつながります。