節税

売上を下げる

ここでは、企業の節税対策について例を挙げていきます。

 

 

 

節税するには税金がかかる所得を低くする必要があります。所得は売上に大きく関わってくるので、売上が下がると所得も下がり、税金も下がることになります。しかし、売上の計上基準を考えると、物を引渡したら、売上を計上しなければなりません。

 

 

 

本年の売上を来年に回して売上が下がったことにするというのは違法行為となりますが、今期は予約を受け付けるだけに留めておいて、来期になって商品を届けるなどすれば、売上は来期のものとなります。

 

 

 

売上の計上基準の変更も重要です。商品を相手先に発送し、発送伝票と同時に売上計上をしている会社では、売上の計上時期を相手先の納品日(検収した日)に変更することにより売上が減少します。

 

 

 

検収により返品が発生するような企業では、この変更によって売上が大きく変わってきます。