投資と税金

投資と税金

投資というと、皆さんなにを思うでしょうか。不動産投資でしょうか。株式投資でしょうか。教育も一つの投資活動かもしれませんね。

 

 

 

つまりお金、資産を投資することによってなんらかの資産を得たり、利益をもたらす物を得たりするのが投資ですよね。それが固定資産であるか、流動資産であるのかはあまり関係ありません。投資の専門家に莫大なお金を預けて、それを運用してもらって、日々暮らしている大富豪もいるのですから、投資活動は非常に大きなお金が動く、そして莫大な利益も、そして時には損益ももたらす、博打的な要素が高いものです。

 

 

 

あらゆるデータを分析して、または天性のカンを活かして相場を読むことができるのは一握りで、それによって高い年俸をたたき出しているファンドマネージャーもいますね。さて、現実的にはそう多くの元手資金があるわけではない一般の我々ですが、それでも先行きの不安や、まったくないに等しい金利などもあり、自主的に投資活動、株式投資、FX、またはマンションや不動産投資をしている人も多くなってきました。

 

 

 

基本的にこうした取引でのキャピタルゲインやインカムゲインはもし特定口座と言う源泉徴収ありの口座にしてある場合、株式を売ったりするたびに税金を差し引かれてあるので、所得税の申告の必要がありませんが、逆に一般口座、特定口座の源泉徴収なしを選択した場合は1年間、20万円を超える利益が発生すると、確定申告の義務が生じます。

 

 

 

基本的に国債、地方債、社債の一部を除く部分などは税金はなく、不動産の収入の場合は不動産所得です。この場合何が収益で何が経費かをはっきりしてください。

 

 

 

給与所得以外にあるとラッキーですが、計算はわりに手間がかかります。