医療控除とは

医療控除とは

難易度の高い病気にかかって治療を受けた場合に、治療費が高くつくかもしれません。しかしもし高額の医療費の負担をした場合には、税制上の控除を受けることができるのをご存知でしょうか。医療費控除といいます。医療費控除を活用して、所得税を安くしてみるといいでしょう。

 

 

 

医療費控除を知っているけれども、誤解をしている人も少なくないようです。年間で10万円以上の医療費負担がないと、医療費控除を受けることができないと思っている人は少なくないようです。しかし医療費控除を受けるための条件には、もう一つあるのです。

 

 

 

医療費控除を受けるための条件として、自分の所得の5%以上の医療費負担をした場合があります。これは、共働きの家庭で節税に活用ができます。

 

 

 

たとえば、夫婦で夫の方の収入が多かったとします。そこでもし治療費負担をした場合に妻が支払いをしたことにしてしまいましょう。収入が低くなる分、医療費控除の適用を受けやすくすることができるのです。

 

八重洲の会議室はここ