財形貯蓄と節税

財形貯蓄と節税

財形貯蓄というシステムを知っていますか?財形貯蓄は、給料に対して、一定額を天引きします。この天引きされた額は毎月積み立てていきます。

 

 

 

財形貯蓄のメリットは、掛け金に対してかかる利息は非課税になることがあるという点です。通常の銀行などに預金をしたとします。定期的に利息の支払いを受けることができるでしょう。しかしこの利息ですが、実際に利息から一定の税金が差し引かれているのです。財形貯蓄をしたほうが、効率的に利息を確保することができるわけです。

 

 

 

利息にかかっている税金ですが、所得税と住民税がかかっています。ちなみに所得税は15%、住民税は5%もかかっています。ただでさえ、長らく続く不景気によって、限りなくゼロに近い金利しか付きません。

 

 

 

そのうえ、税金で持っていかれるのは、かなり損をしているということができます。ですから、財形貯蓄で、効率的な運用をすることをお勧めします。財形貯蓄はサラリーマンが対象になっていることも忘れないようにしましょう。