在庫の見直しをしよう

在庫の見直しをしよう

事業をやっていて、在庫を抱えていたとします。この在庫を見直すことによって、もしかすると節税をすることができるかもしれません。在庫を評価するときにポイントになってくるのは、期末における棚卸資産の評価をどのように行うかということで決まってきます。

 

法人設立や運営に困ったら

 

在庫を維持するためには、メンテナンス費が必要になるでしょう。また借入金がある場合には、その利息支払いなどの経費が発生をします。ですから、よくデッドストックといいますが、売りさばくことができずに、長期間たなざらしになっているものがあれば、早めに処分をすることをお勧めします。

 

 

 

もしかすると、帳簿の価格よりも処分をするときの価格のほうが安いこともあるかもしれません。この場合、差額を除却損扱いになって、損金扱いにすることができます。つまり、節税をすることができるかもしれません。

 

 

 

ただしこのとき、写真で廃棄をする商品を記録として残しておいたほうがいいでしょう。廃棄をしたということを記録で残しておかないと、認められない場合もあります。