節税を考える

節税を考える

個人事業主として何年かやってきて、そろそろ業績も伸びたし、納税額も増えてきたし、法人化したほうがいいのか、と悩み始めている社長さんもいるかもしれません。

 

 

 

そうしたときに法人化するメリットってどんなものがあると思いますか。個人事業主でも必要経費の算入ができる青色申告はあるしで、結構節税になっている気がするけれど、という方もいるでしょう。でも法人化することでより節税効果が高いのも知っておくべきでしょう。所得税及び住民税、事業税でかなりの税率を負担していることもあるからです。

 

 

 

その点、経営者への給料が経費となったり、退職金が払えたり、生命保険料を経費にでき、そして社会保険、厚生年金への加入が認められる、住宅を役員社宅として経費にしたり、赤字を7年繰り越せたり、銀行などからの借り入れがしやすくなるなどの特権があります。

 

 

 

ただし設立費用や、その他交際費の一部が経費にならない、会社を閉じるのも煩雑な手続きがいるなどのデメリットがあります。しかし経費の面においても、節税の面においても非常に沢山のメリットがある法人化は、節税対策としてだけではなく、より社会的信用を得て、会社を大きくするにも大事な役割があると思われます。

 

 

 

こうした機会がやってきたら、できる限り多角的に見てみる必要がありますが、もし会社を辞めたあとでも老後は厚生年金と退職金で個人事業主よりよほど豊かな老後がおくれるかもしれません。

 

 

 

その代わり事業をしている間はなかなか大変ではありますが。