税の豆知識_相続税編

税の豆知識_相続税編

 まず、相続とは、人の死亡(被相続人といいます。以後はこの呼び名を使って説明します)により、被相続人の財産等をもらった家族(一般に配偶者や子供などで、法律的には相続人といいます。以後はこの呼び名で説明します。)にかかる税金のことです。

 

 

 

 相続税は相続人が被相続人の死亡日の翌日から10カ月以内に被相続人の住所地の税務署に納税します。さて、次に問題になるのが相続税の対象となる財産の範囲ではないでしょうか 財産とされるものは次のとおりです。

 

 

 

動産、不動産、無体財産権(特許権)、現金、預貯金、有価証券(株式、国際、投資信託など)、グルフ場会員権、リゾートクラブ会員権、自動車、家財、書画骨董等、その他金銭的に価値を有するすべての物、生命保険金等、死亡時退職金等、生命保険契約に関する権利、相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税にかかる贈与を受けた財産、生前に、被相続人から相続時精算課税にかかる贈与を受けた財産などが対象となります。

 

 

 

 次は相続税から非課税財産を控除する財産の範囲については、次のとおりです。墓地、仏壇、祭具など祭祀用財産、国・地方公共団体、特定の公益法人に寄付した財産、生命保険金のうち、法定相続人の数に乗ずる500万円に相当する額、死亡退職金のうち、法定相続人の数に乗ずる500万円に相当する額、これとは別に相続税対象となった財産から借入などの債務、葬儀費用を控除することができます。

 

 

 

 いいかでしょうか相続税に関して簡単にまとめたつもりです。参考になさってください。より、多くのことをお知りなりたい方は税務署、または弁護士、税理士にご相談してください。