税の豆知識_贈与税編

税の豆知識_贈与税編

贈与とは無償で相手に財産を渡すことを言います。そして贈与契約は財産をあげる人ともらう人の合意によって成立する契約です。

 

 

 

そして贈与契約によって財産を取得した人に対して相続税法の規定の基づき税金が課されます。この税金を贈与税と言います。

 

 

 

そして贈与税はあらゆる贈与契約によって財産を取得した時に課されるというわけではありません。贈与契約の当事者となるのは個人の場合もあれば会社などの法人もありますが、個人から個人への贈与の場合に贈与によって財産を取得した人に課されることになります。そして会社などの法人が贈与によって財産を取得した場合は法人税の対象となり、また会社などの法人から個人が贈与によって財産を取得した場合は所得税の対象となります。

 

 

 

また贈与する者が死亡しすることを条件にしてその効力が発生する死因贈与によって財産を取得した場合は相続税の対象となります。

 

そして贈与税は相続税を補完するための税金であると言えます。仮に贈与によって財産を取得した人に税金がかからないとすれば財産をたくさん所有している人が将来亡くなって相続が発生した時にかかる相続税を免れるために生前にあらかじめ贈与することによって相続税を逃れることができてしまい、相続税という制度が機能しなくなってしまいます。このため贈与によって財産を取得した人に対して税金を課すことによって相続税逃れを防止しています。

 

 

 

そして贈与税の基礎控除は110万円で相続税の基礎控除より低く、また税率の面でも贈与税のほうが相続税より高くなっています。