法人税のルールを知らなきゃ損をする

法人税のルールを知らなきゃ損をする

法人税は頻繁に法改正が行なわれています。その中には、大口の費用を一括費用計上できるようなものもあります。通常ですと資産計上してから、耐用年数に応じて少しずつ償却していきますが、一括損金計上できるので大幅な節税効果が上がる場合があります。

 

 

 

例えば、国が企業にパソコンの導入や新しいパソコンへの買い替えを促したい場合、パソコンの購入代金を特別な処理で早く経費計上できる法律をつくるのです。このように、法人税には、特別な節税対策を可能にする法改正が頻繁に行なわれていますから、よく法人税を調べることで大幅な節税も可能となることがあります。

 

 

 

細かい法改正が多いのが法人税ですが、骨組みとなる税法に関しては大きな変更はありません。金額に対する変更はあっても、考え方は常に同じです。減価償却費、交際費、寄付金、退職金はどこまで認められるのかといったことを知らずに処理してしまっては損金計上できない場合もでてきます。

 

 

 

これらのよく使う費用に関する法人税についてはよく勉強した方がいいでしょう。もちろん、金額や税率は法改正されますが、基本的な考え方は変更されませんから、一度勉強してしまえば一生使える知識となります。

 

 

 

税法を全てをすぐに知ることは量が多く困難です。しかし、毎年少しずつ知識を増やしていけば数年で何とか分かるようになります。少なくとも自分の事業に関する部分については早く強くなった方がいいです。逆に、業務に関係ない部分については勉強することもないでしょう。