共働きと扶養控除

共働きと扶養控除

扶養家族がいる場合には、扶養控除を受けることができます。扶養家族として、パッと思い浮かぶのは、子供たちではないでしょうか?もしも子供が複数人いて、しかも夫婦共働きである場合には、扶養控除を分けると、節税効果を高めることができます。

 

 

 

もしそれぞれの子供一人ずつを夫と妻それぞれの扶養扱いにします。このとき、もし夫だけが子供2人の扶養をしていることにしてしまうのと比較すると、前者のほうが、所得税換算で4万円程度安く抑えることができるといいます。

 

 

 

別に扶養控除を受けるための条件として、両親いずれかに子供をすべてつけないといけないというルールは、法律のどこを見ても書かれていません。ですから、別に非合法なことをしているわけではありません。

 

 

 

しかも、何かをして節税をするわけではなく、手続き上の違いだけですから、もし共働きで子供がいるのであれば、上の節税方法を活用するべきでしょう。かなり大きく費用を節約することができます。